2018年4月19日木曜日

ミッション組み付けます!!


今日はミッションのオーバーホールの続きです。

昨日の動画にあった圧入のはずが手で外れるベアリング
ケースのサイズをゲージで測り楕円に摩耗してないか
チェックしてベアリングのサイズを変えて入れ直します。
作業的には同じ様な事の繰り返しです。

ミッションのオーバーホールは
シャフトのチェックからスタートします。

ミッションにシャフトは2本ありますので
2本共、摩耗と振れをチェックします。
限度はありますが、シャフトの摩耗は修正は可能ですので
ご相談の上、交換か修正か希望される方で作業します。

基本的に、このシャフトに合わせて各部品を調整して行くので
仮にシャフトに問題があって交換となれば
新しいシャフトに合わせて部品を調整します。

チェックが終わったら細かい部品の調整に入ります。

 ブッシュを抜いて
ケース側のサイズを測って
合うサイズのブッシュを用意
ブッシュをプレスで圧入します。

ミッションやエンジンの摩耗する部分には
ブッシュやベアリングが入っていますので
ケース自体は修理できない場所のクラックなど
余程の事が無い限り
何度もオーバーホールが可能です。

同様にギアのブッシュも交換します。
ブッシュは手前の金色の筒です。(真鍮製)
プレスで抜きますが、この時にべースに
ダメージが入らない様に注意して交換します
ブッシュを入れ替えたら【リーマー】で
適度なクリアランスになる様に
削って調整します。
リーマーは左の画像の棒状の工具です。

この作業を繰り返して組み付ける準備をします。
このリーマーを使った作業は、シャフトなどを両端で支える所では
【ラインリーマー】と言って「穴の径」と取り付けるシャフトの「センター」
同時に出す工具を使います。

締めつけはトルクレンチを使い期定トルクで締めます。
事実、手の感覚で大丈夫な方もいらっしゃいます。
なんだか匠感があってカッコイイ気もしますが

当店では不安の解消の為、確実なトルクレンチを
最大限活用してます。

ギアの動き、遊びなどをチェックしながら
組み付けていきます。
場所によって回転方向の遊び軸方向の遊びなど
100分の1mm単位で見ます。
 軸方向はシムの厚さを変えて調整します。
 

 ガタがあったキックのブッシュも
抜いて・入れて
調整

ガタがあったシフターも同じくです。

当店で行うミッションの【オーバーホール】
特に希望が無い限り、ミッションケースに付く部品は
すべてチェック調整します。

ミッションはガタが多少大きくても普通にギアチェンジや
走行が出来てしまうのですが
ブッシュやクリアランの調整をしっかりすれば
気持ちいいシフトフィーリングになりますよ。
(あくまで個人的な感想です。)

2日にわたるミッションのオーバーホールでした。
ありがとうございました。


イベント予定

【ツーリング】

日時:4月21日(土),22日(日)
目的地:ふもとっぱらキャンプ場
集合場所・時間
石川PA 8時30分
or
談合坂SA 9時30分
ハイエースに荷物を積みたい方は前日までにお持ちください。
当日までもってこれない方は事前にご連絡ください。


【レース参戦予定】

8月19日(日)VDA
8月に富士で開催されるアメフェスで行われる
ドラッグレースに参戦予定です。
間に合えば・・・


お問い合わせはこちらから
メールアドレス bankara-tokyo@ray.ocn.ne.jp

ラインはこちら↓↓

2018年4月17日火曜日

ミッションのオイル漏れ

今日はミッションのオイル漏れ修理です。

オイル漏れの原因と言えばシール

今回もシールから漏れてはいるので変えると
漏れは無くなりそうですが
おそらく長くは持たないと思います。

その理由は
シャフトにガタがあります。
シャフトとケースの間からオイルが漏れない様に
シールを入れるのですが、これだと意味が無いです。

お客様は悪い所は直したいとの事でしたので
結果ミッションオーバーホールさせて頂きました。

ばらしてチェックして行きます。
圧入してあるはずのベアリングが
ガタガタで手で取れます。
同様にいろいろ修正箇所がありました。
キック側です。ここのガタはトルクをちゃんとかけて締めても
ギアが動いてネジの緩みの原因になります。

シフト周りもチェック、ガタがあります。
明後日は直す様子をアップします。
たぶん画像たっぷりでお送り致します。

同時にスプロケもケースに当たっていたのですが
裏返しに付いていたスプロケを元に戻して完了です。

イベント予定

【ツーリング】

日時:4月21日(土),22日(日)
目的地:ふもとっぱらキャンプ場
ハイエースに荷物を積みたい方は前日までにお持ちください。
当日までもってこれない方は事前にご連絡ください。
夜ごはんの希望は20日まで受付中です!!


【レース参戦予定】

8月19日(日)VDA
8月に富士で開催されるアメフェスで行われる
ドラッグレースに参戦予定です。
間に合えば・・・


お問い合わせはこちらから
メールアドレス bankara-tokyo@ray.ocn.ne.jp

ラインはこちら↓↓

2018年4月16日月曜日

カスタムも色々です。

「カスタムに終わりはない」

と言うかどうかは知りませんが
在庫車両を見てもカスタムは様々ですね。
巷では
いまだに多くのカスタムバイクが生まれ
乗り手・作り手の数だけカスタムスタイルが存在する
と言っても過言ではない!
と思います。

そんなカスタムバイクを
自分で作り上げると言うのも
バイクライフの楽しみではないでしょうか。

まずはカスタムされた在庫車両です。
‘46 FL  KNUCKLE HEAD
車両本体価格 ¥6,480,000-(税込み)
※別途諸費用が掛かります。

‘51 FL PAN HEAD
車両本体価格 ¥5,616,000(税込)
※別途諸費用が掛かります

‘51 FL PAN HEAD
車両本体価格 5,400,000円 (税込)
※別途諸費用が掛かります。

‘61 FL  PAN HEAD
車両本体価格 3,888,000円(税込)
 ※別途諸費用が掛かります。

カスタム車両は少なからず前オーナーの個性があるので
少しでも自分のイロを加えると良いと思います。
ラックを付けたり、楽なポジションにしたりと
実用的なカスタムも良いのではないでしょうか。

もちろん自分の欲しいスタイルが決まっている方は
上手くベースとして使って頂ければと思います。

部品だけでは販売してないですが
ある程度の部品のストックもありますので
一度ご相談ください。
そういえば入荷予定だった1枚目の画像の
パープルフレーム入荷していますよ。

イベント予定

【ツーリング】

日時:4月21日(土),22日(日)
目的地:ふもとっぱらキャンプ場
ハイエースに荷物を積みたい方は前日までにお持ちください。
当日までもってこれない方は事前にご連絡ください。
夜ごはんの希望は20日まで受付中です!!


【レース参戦予定】

8月19日(日)VDA
8月に富士で開催されるアメフェスで行われる
ドラッグレースに参戦予定です。
間に合えば・・・


お問い合わせはこちらから
メールアドレス bankara-tokyo@ray.ocn.ne.jp

ラインはこちら↓↓

2018年4月15日日曜日

パット交換の続きです。

昨日の続きです。

昨日はキャリパーのガタを修理しました。
今日はディスクローターの交換です。

ローターもパットと同様に摩耗して薄くなりますし
ディスクが振れるとアタリが悪くなるので
交換が必要になります。
元のローターですがこちらに注目!!
↓↓
写真で見えにくいと思いますが
【.205】と書いてありますが
これはローターの厚さの限界が0.205インチという事です。
【1インチ=2.54cm】ですので
0.205×2.54=0.5207cm
より薄いと交換時期になります。

計測・・・0.491cm
交換した方が良いですね~
という訳で交換になりました。

それではローターを外して交換します。
ローターはネジの緩み止め剤が塗られていますので
外したネジに残った緩み止め剤を綺麗に取ります
ネジ山が綺麗になりました。

そしてネジが入るホイール側も綺麗にしていきます。
ホイールはタップで綺麗にします

緩み止めは接着剤的なものなので、外す時に接着剤を
無理やり剥がす感じですので、上に接着剤を塗っても
下に残った接着剤が剥がれていれば意味無いので
しっかりと剥がします。

こちらが新品のローターです。
参考までに厚さは0.602cmです。

それでは付けますが、ネジに緩み止めを
塗って締めていきます。
奥に見えるのが緩み止めです。

 トルクレンチを使い期定トルクで締め付けます。
締める時もいろいろあるのですが、画像と僕の語学力
では説明できないので省略します。 

それからグリスアップなどを行いパット交換をして
組み上げました。

仕上がりはこんな感じです。
適度な遊びがあって安心のブレーキに仕上がりました。

今回はキャリパーのガタの修理ローターの交換
パット交換でしたが
他にもキャリパー・マスターのオイル漏れ
パット側のピンの摩耗なども
チェックしながら行っています。

キャリパーのガタは無いのはダメですが
問題無い範囲はありますので
何かのタイミングでパットの残量と一緒に
見てもらうと良いと思います。

しかし、もともとパット交換の依頼があった車両なのに
パットの写真すらない内容ってどうなんでしょうか・・・

2日にわたりブレーキ修理のブログでした
ありがとうございました。


イベント予定

【ツーリング】

日時:4月21日(土),22日(日)
目的地:ふもとっぱらキャンプ場
ハイエースに荷物を積みたい方は前日までにお持ちください。
当日までもってこれない方は事前にご連絡ください。
夜ごはんの希望は20日まで受付中です!!


【レース参戦予定】

8月19日(日)VDA
8月に富士で開催されるアメフェスで行われる
ドラッグレースに参戦予定です。
間に合えば・・・


お問い合わせはこちらから
メールアドレス bankara-tokyo@ray.ocn.ne.jp

ラインはこちら↓↓

2018年4月14日土曜日

パット交換からの

今日の作業です。

リアのブレーキパットの交換が必要なお客様の車両
事前に相談されて、点検してみた所
気になる所があったので、お客様と相談して
いろいろ修理になりました。

まずはキャリパーから
もともとキャリパーは遊びが必要なのでカタカタ動くのですが
ここまで動くのは良くありません。

マウントに刺さるキャリパーのピンの遊びが多くなると
ガタガタになって最悪はキャリパーやパットのピンが
ローターに当たって非常に危険な状態になります。

今回は上下2本の内、上の遊びが多く
キャリパーとマウントの穴も修正します。

それでは作業に入ります。
まずは原因のピンを制作します。
キャリパーの穴も摩耗して楕円になるので
修正する事を考えて
少し大きめにつくります。
完成です。
左が元の、右が制作したものです。

次はマウントの修正です。
ここにはブッシュが入っているので
入れ替えて修正が可能です。
プレスでブッシュを抜き
新しいブッシュを同じくプレスで入れていきます。
そしてリーマーを使って穴の径を新しいピンに合うまで削ります。
削り過ぎるのはもちろん、きつ過ぎるのも
良くないので少しづつ削って
先程のピンを入れて様子を見ながら合わせます。

マウント側のブッシュは完成しました。

続いてはキャリパー側の修正です。
ドリルでズドーンではなく
またまたリーマーで削って行きます。
当たり前ですが裏?奥?の方のキャリパーも同様に修正します。
 これもピンに合わせて少しづつです。

これからローターを変えて組んで行くのですが
長くなりますので続きは明日アップします。

 暇な時にまたご覧ください。

イベント予定

【ツーリング】

日時:4月21日(土),22日(日)
目的地:ふもとっぱらキャンプ場
ハイエースに荷物を積みたい方は前日までにお持ちください。
当日までもってこれない方は事前にご連絡ください。
夜ごはんの希望は20日まで受付中です!!


【レース参戦予定】

8月19日(日)VDA
8月に富士で開催されるアメフェスで行われる
ドラッグレースに参戦予定です。
間に合えば・・・


お問い合わせはこちらから
メールアドレス bankara-tokyo@ray.ocn.ne.jp

ラインはこちら↓↓